2016年06月15日

つらつらと

大嫌いな梅雨がやってまいりました。

んが、今日なんかは真夏のようで、湿気をあまり感じず、過ごしやすいなぁと。まぁ、暑いのには変わりないですが。
対人関係のトラブル、というのは人が二人以上集まればどこでも起こりうる問題ですが、自分は割りと対人トラブルが嫌いではないです。

ストレスは受けますが、対人関係の中で見えてくる、人の本心みたいなのが好きなんです。


先日とある講習会で一流のスポーツコーチさんのお話を聞く機会がありました。

やる気にさせる、の一言にこれほどの努力をされているのか、と関心しました。

人心掌握とか、マインドコントロールなんて言うと聞こえは悪いですが、メカニズムは似通った部分があります。

使い道、導く先が違うと言うだけで。

端的に言えば、願望を持たない人を従わせる事はまず不可能です。

良くも悪くも願望や欲望があって初めて通用するもので、しかしながらそんなものを持ってない人は存在しません。

宗教、詐欺、いろいろと人を騙し、人を動かす輩がいますが、そういう人たちは驚くほど親切で温かい言葉をくれます。
満たされる欲求は様々ですが、承認欲求で動けるような人は、元手がかからないため、カモになりやすいかもしれません。

「夢を持て、諦める必要はない」なんて言われると、耳触りは良いですが、「願望の無いヤツは動かせねーよ」って事なんです。

とかく、今まで自己を否定されて来たような人の心には響いてしまうでしょう。

しかし、その先で、なにをやらせようとしているのか、それをしっかり見た方が後々のためです。

よく「裏切られた」という言葉を耳にしますが、他人にとやかく言う前に、「そもそも自分は相手に何を期待していて、何が得られなくてそう思っているのか」というのはよくよく把握しておいた方が、無闇にストレスを受けなくて済みます。

薄情で恩知らずな相手に同情や恩返しを期待するのは、期待する方にも過失があると思っています。
また、ちょっとメンタルがアレな人は期待を過剰に持つために、すぐに他者への不平不満が募ります。

こういう輩は何もしていなくても勝手に期待して、勝手に裏切られたと思い、恨みます。

「そこで怒るのはおかしいでしょ、それじゃあ誰とも上手くやっていけないよ」と理解させる人が一番優しいと思いますが、そこまでの覚悟が無ければ近寄らないに限ります。

勿論、なんでもかんでも期待した方が悪い、という訳じゃないです。
口約束を守らないとか、期待し得るだけの事を示しているのに、それに応えない人も多々おります。

ただ「どっちに非があるのか」というのは当事者の一方の話ではわかりきらない部分があります。


人を誘導する単純な手段として、その人が「どちらでもいい」と思っているような内容について、同意を求め、それを重ねていくと「この人の言う事に賛同しなければいけない流れ」ができあがります。

これは場に居る人数が多いほど有効な手段ですが、一対一でも「誰それさんも賛同してくれたんだけどね」と前置きすることで集団心理を作用させる事ができます。
無意識でやっている人も多いと思います。

これを強化したものが、カルトとか呼ばれる人たちのやり方で、そこに自身の願望が叶うような話をしたり、また、他の人間関係を断ち切らせる事で完全に囲い込んでしまいます。
そうなるともうある種の独立地帯になってしまう訳です。

これは宗教に限らず、家庭や会社などでも起こり得ます。

身近な所にある善悪の価値観が自身にとって一番影響力が強いのです。

こういった事を考えていると、さぞ人を疑っているのだろう、と思われそうですが、案外とそうでもなかったりします。
ただ単に「どんな人なんだろう」というのが気になるので、信じてるとも疑ってるとも言えないのです。
「こういう人なんだな」と理解したい、というのが目的地だと思いますが、中々そう思える瞬間はありません。

対人関係のトラブルが起こると、この「どんな人なのか」というのが浮き彫りになるので好きなのです。
責任を取りたがらない人、他人に擦り付けるのが上手い人、抱え込んでしまう人など、その反応は様々です。

その辺をじっと見ていると「どの程度のリスクで逃げ出すか」ってラインもぼんやり掴めてきます。
自分はそのラインを超えるものは以後望まないようにしています。
相手のために、そのラインの少し先の負荷をかけてみることもありますが、滅多にないです。

よく「伝わらない」とか「理解してくれない」「言ってもわからない」と言ってる人がいますが、単にその人の伝える努力が足りてないんじゃないのか、と思うときがあります。
特に上の立場であれば「言ってもわからない部下」なんて愚痴は。上司自身にバカのレッテル貼るようなものだと思ってます。

対人関係のストレスに弱いタイプも、早々に「この人は話しても無駄」と距離を置いたりしますが、それは「これ以上自分は話す努力をしたくない」とちゃんと理解しておけば、「わかってくれない」などと無闇に他者を恨まずに済みます。

どんなケースであれ、なぜそうなったのか、きちんと考えて、省みる事は大事だと思います。

ごく個人的にですが、目標を持つ、諦めない、言い訳しない、というのはどの分野においても必要だなと。


大人になれば現実と向き合わなければならない場面が多いですが、それでも、と、目標を持ち続けるべきだ、と思っています。

つらつらと書いてしまいましたが、今日はこの辺で。


またね=`・ω・´=ノ


posted by 次代 at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。